前へ
次へ

学習のコツを掴んで中国語を覚える

中国語の学習はいささか難しさがある声が聞かれています。同じ文字(漢字)でも性質が異なり、山や水は表意文字でそれぞれ意味を持ちます。しかし漢字圏の私たちは容易に意味を理解できます。しかし英語圏では、アルファベットの表音文字で発音を表すだけで文字に意味はありません。だから難しさがあるのでしょう。中国語の学習がしたいのなら、身につくまでに3000時間が必要だといいます。時間がなくとも伸びが早い人もいます。リズムを作ることがポイントで、中国語の学習では家庭教師をつけたり、語学学校に通ったり、語学講座を受けてみたりという方法があります。ラジオよりテレビ講座は便利で、映像を見られるから面白さがあります。もちろん、英語検定のように一般的に周知される検定はありませんから、目標が定まりにくいこともあるでしょう。話したい、それを目標にしましょう。通じる中国語を話すためには、四声をマスターします。通じない原因の1つで、この四声が分かっていれば、発音が悪くとも通じてしまうから不思議です。その四声とは、四つのイントネーションを指しています。このイントネーションが変われば意味が変わるのです。また、漢字ばかりが並んでいますが、どんな文章でも、1文字と2文字の単語の組み合わせで覚えることができます。四声は四つ、2文字の発音は16のパターンで網羅できることになります。

Page Top